logo

まずは
お気軽にお問い合わせ

食品検査とは

各種検査を高品質で迅速に
全国を網羅したネットワークでご提供します

食品検査とは

食品検査とは、原材料や製品がどれだけ細菌に汚染されているかを調べる検査です。
細菌やウイルスが食中毒の主な原因となりますが、残念ながら人の目には見えません。
普段から清潔にしているつもりでも、細菌やウイルスなどでいつの間にか食品が汚染されているかもしれません。
洗浄後の器具や手指の菌を数値化し把握することは、衛生状態を改善し食中毒の予防につながります。

なぜ食品検査を行うのか?

日本では「食品の安全性確保の為に公衆衛生の見地から必要な規制その他の措置を講ずる事により、飲食に起因する衛生上の危害の発生を防止し、もつて国民の健康の保護を図る事」を目的として「食品衛生法」が定められています。
これを簡単に要約すると「人の健康を損なう有毒物質や病原微生物で汚染されたものを、販売、製造、調理、陳列等してはいけない」ということです。
しかし、人の健康を損なうものかどうかは、食品検査をしてみないと分からない部分が多々あります。
また、厳しく基準が設定されているものもあるため、
①食品が微生物汚染されていないか。
②食品の中に残留農薬や有害物質、または放射線物質が含まれていないか。
③日本とは違う基準で作られている輸入食品は日本の基準に適合しているのか。
など、食品の種類ごとに定められている検査を行う必要があります。

他にも「購入した食品に対するクレーム」や「食中毒の疑い」が発生した際にも、その原因を究明するために食品検査を行うことがあります。
また、分析することで「表示すべき成分」や「任意で表示できる成分」の含有量を正確に表示し、栄養成分表示の義務化に対応できます。
食品検査を行うことがリスク管理につながり、「食の安全・安心」を確保することになるのです。

丸信が食品検査をはじめたわけ

丸信が食品検査をはじめたわけイメージ画像

丸信では包装資材提供にとどまらず、食品衛生などの活動を始め衛生商品の紹介、
HACCP支援活動、衛生パトロール、セミナー等を行っています。衛生プロジェクトの一環でお客様のお役立ちに今以上にお応えする為にご要望の多かった食品検査・ふき取り検査を自社で行えるよう食品検査室を開設致しました。お取引いただくお客様、新規の食品分析にお困りのお客様にお応えする為に食品検査を行っていきます。

丸信が食品検査をはじめたわけイメージ画像

食品検査ご検討の方へ

Contactお問い合わせ

丸信の衛生サービスについて知りたい方、
お気軽にお問い合わせください。

食品検査ご検討の方へ

検査申込フォームはこちら

Eメール