HACCPについて

Regarding HACCP

正しい衛生管理、できていますか?
衛生管理を「見える化」し、食品事故を予測・予防しましょう。

HACCPとは?

HACCPとは「食品安全のガイドライン」

起こりえる食品事故をあらかじめ予測・予防するための、食品安全の工程管理システムです。
これまでの衛生管理とは全く異なるものではなく、これまでの衛生管理を基本としつつ、
科学的根拠に基づき、体系的に工程を管理、食品安全確保の取り組みを見える化します。


工程管理システムとは

HACCPでは製造から出荷までの安全を「工程」ごとに管理します。
危害要因を重点的に監視し、最終製品が安全であることを確認します。





衛生管理の制度化

今後、食品事業主が事業を営むにあたり、一定の条件により、下記の2点のどちらかを必ず実践する必要があります。

①HACCPに基づく衛生管理
②HACCPの考え方を取り入れた衛生管理

さまざまな規格を理解し、
「自社の事業にとって必要な規格はなにか」選ぶことが大切です。



●食品安全マネジメントシステム(規格)の相関図



※GFSI(グローバル・フード・セーフティ・イニシアチブ)とは…
世界中の食品安全管理システムの継続的な改善を協働で推進するため、食品業界の主要な関係者が集まり活動をしている業界団体。
GFSI の承認を受けた認証制度は「GFSI 承認スキーム」と呼ばれ、信頼に足る食品安全の認証制度として世界中で利用されています。

食品衛生法等の一部を改正する法律案の概要

平成30年6月より食品衛生法等の一部が改正されました。

  1. 広域的な食中毒案への対策強化
  2. HACCPに沿った衛生管理の制度化
  3. 特別の注意を必要とする成等を含む食品による健康被害情報の収集
  4. 国際整合的な食品用器具・容器包装の衛生規則の整備
  5. 営業許可制度の見直し、営業届出制度の創設
  6. 食品リコール情報の報告制度の創設
  7. 乳製品・水産食品の衛生証明書の添付等の輸入要件化、自治体等の食品輸出関係事務の係る規定の創設等


7つ改正された内【HACCPに沿った衛生管理の制度化】をご紹介いたします。内容としては、原則として、全ての食品事業者に、一般衛生管理に加え、HACCPに沿った衛生管理の実施を求めることです。ただし、規模や業種等を考慮した一定の営業者については、取り扱う食品の特性等に応じた衛生管理とします。HACCPに関しては、先進国を中心に義務化が進められております。丸信としても、HACCPを基にお客様のお役立ちが出来る様尽力致しますので何かご要望があった際は、担当営業まで御用命下さいませ。2021年完全施行(2020年施行1年間猶予)

食品衛生に関するお困りごとならご相談ください

お問い合わせフォーム